第7回国際かきシンポジウム(イギリス 北ウェールズ バンガー)

第7回国際かきシンポジウム(イギリス 北ウェールズ バンガー)

2017年9月11日(月)-14(木)イギリス 北ウェールズ バンガーで第7回国際かきシンポジウム(The 7th International Oyster Symposium)(主催:世界かき学会)が開催されました。その時の日本支部会員の活躍をご紹介します。

日本支部部より口頭発表7件(基調講演含む)、ポスター発表1件の研究成果発表!

口頭発表(発表順)

Session 1

演題:The role of a novel antioxidant extrancted from oyster, crassostrea gigas, in the stress relief and the gonadal function in oxidative stress femail rats.

医学博士 渡辺貢 世界かき学会日本支部 支部長(株式会社渡辺オイスター研究所)

演題:Indirect antioxidant activity associated with a novel phenolic antioxidant derived from the soft tissues of the pacific oyster, crassostrea gigas.

吉池健治 氏(株式会社渡辺オイスター研究所)

演題:Effects of feeding oyster on lipid metabolism in rats

原口翼 氏(長崎県立大学)

Session 2

演題:Antioxidant and stress reduction effects of a novel antioxidant derived from oyster on overstimulation of the hypothalamic-pitutary-adrenal axis induced by brain oxidative stress.

黒木克耶 氏(株式会社渡辺オイスター研究所)

演題:effects of consuming of oyster extract drink containing 3,5-dihydroxy-4-methoxybenzyl alcohol(DHMBA) on stress, fatigue, and sleep.

エオアージン 博士(株式会社渡辺オイスター研究所)

Session 7

演題:ITRAQ-based quantitative proteomic analysis of hemocytes of Crassosotrea gigas in response to synthetic double-stranded RNA.

農学博士 高橋計介 世界かき学会 副支部長(東北大学)

Session 8

演題:Recovery of oyster aquaculture industries from tsunami. Introducing new company organization, new technology, and successful R&D for inactivating human noroviruses and various pathogens.

齋藤彰 氏(NPO法人 海の会 理事)

ポスター発表

佐々木康孝 博士, 金子寛 博士(株式会社 日本微生物研究所)

演題:Food inspection of norovirus-contaminated oysters in Japan


国際諮問会議を開催。
諮問会議にて渡辺支部長が日本支部の活動を紹介。
日本人研究者が世界のかき研究者と友好を深めました! 参加者集合写真
  • 友好・1
  • 友好・2
  • 友好・3
  • かきを食べました

一般財団法人かき研究所のホームページに写真が掲載されております。ぜひご確認下さい。

http://www.kakiken.or.jp/html-2/wos/sympo/ios7/photo/photo_ios7.html


ページトップへ戻る